野村克也「凡人を達人に変える77の心得」から店長が学ぶべきこと


Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/mototen/saitama.blue/public_html/work/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1292

先日、野村克也氏の著書「凡人を達人に変える77の心得」という本を読みました。

ちなみにこの本はamazon kindle unlimited で読むことができます。

読み放題に入っているので、興味のある方は読んでみましょう。

野村克也氏と言えば、「野村監督」と親しまれていて、

野球好きな方はもちろんですが、そうでない方でも知っている人は多いのではないでしょうか。

「ぼやき」はかなり有名ですよね。

そんな野村氏の考え方など興味があったので読んでみました。

思いのほかに、良いことが多く書いてあったのでその言葉などを紹介したいと思います。

正しい努力とは何か

みなさんは努力しても結果がついてこないということはないでしょうか?

私も努力してるのに・・・なかなかうまくいかないってことは人生において多々ありました。

著書の中でこんな言葉があります。

「努力による結果」ではなく、「努力そのもの」が目的になっている

~中略

正しい努力は、「練習の過程で成長するヒントを見つける」ことだ

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

努力をしたことに満足感を得ていないだろうか?!

たしかに自分で努力をしたと感じているうちはまだまだなのでしょう。

努力が実らないということは努力する方向が間違っていたり、

その努力が成長に変えられていないということでしょう。

ただ、闇雲に回数や時間ばかりを費やしても意味がないということでしょう。

もちろん、普通は回数や時間をこなせば成長するヒントを少しずつでも得ているはずでしょう。

それがいずれ結果に結びつくということでしょう。

環境のせいにしてはいけない

仕事におけるコツは、自分で試行錯誤して身につけていくしかないのだ。

もしあなたの心のどこかに「自分が成長しないのは、環境が悪いからだ」というような

甘えがあるなら、それは今すぐ捨てた方がいい。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

私が回転寿司で働き始めた新入社員の頃、たった2週間で退職する者がいました。

いつまで経っても仕事ができず、退職する人を何人も見てきました。

そしてみんなに共通することがあります。

それはみんな環境のせいにして辞めていきます。

これはどんな仕事でも同じに感じます。

仕事のコツというのは自分で見つけるものです。

どうしたら店長のように仕事が早くなれるのか、などを常に意識して仕事をしているかどうかでしょう。

飲食店などの出世も同じことと言えます。

店長になりたい?なるにはどうしたらいい?

困難をチャンスとして捉えるために

著書にこんな言葉があります。

困難にぶつかった時は、「我慢する力」を育てるチャンスと考えてほしい。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

誰もが必ずは困難にぶつかることがあるはずでしょう。

それは目標に向かっている人ほど訪れることでもあります。

近年は我慢することはストレスを与えるので、我慢できない人間が増えているように感じます。

子供のうちから我慢することをさせない教育方針というのもあります。

しかし、何かに成功する人はみんなこの我慢を自然としてきています。

困難をチャンスと捉えられるか、すなわち困難だろうがポジティブに考えられるかということでしょう。

今、辛い気持ちをもし持っているのであれば、それは我慢する力を養えるチャンスかもしれませんね。

褒めることはダメなのか

かなり深い言葉があります。

最近は教育において「ほめること」が重要視されていて、怒ったり叱ったりすることは悪という風潮があります。

しかし、この著書では面白いことを言っていたりします。

あなたのことを上司が頻繁にほめるのであれば、

それは、ほめないと意欲がわかないと思っているからである。

つまり、半人前として扱われているだけなのだ。

逆に、あなたのことを上司が本当に評価しているのであれば、

ほめるといった面倒なことをする必要はまったくない。

黙って見守っていて、必要な時に叱ったり、注意すればいいだけの話だ。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

これは賛否両論ありそうな言葉かもしれません。

前半の部分はたしかにと思わなくもありません。

しかし、ここで言いたいことは1人前と認められた時の話でもあります。

つまり、1人前になるまでは褒めていく必要があります。

ほめられて、「よし、がんばろう」とやる気になっているうちは、

仕事としては半人前というのはすなわち間違っていないでしょう。

このあたりは著書の前後の文章などを読むとより理解が広まるかもしれません。

【わたし、定時で帰ります。】でわかる上司の絶対マネしてはいけない叱り方とは? 令和時代の店長が怒る前に気を付けなければいけないこと

同じ失敗はしないようにしよう

三流の人は、何度も同じ失敗を繰り返す。

二流は、二度繰り返す。

そして一流は、同じ失敗を二度と繰り返さないものだ。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

こんな言葉があります。

同じ失敗を何度も繰り返しているうちはまだまだということですね。

失敗は誰にでもあります。

そしてその失敗を再びしないようにできるかどうかです。

これは仕事においてももちろんですが、人生においても重要なことでもあるでしょう。

変化を見る目を持とう

世の中はどんどん変化しています。

それと同時に相手も変化しています。

ものごとというのは、自分自身も含め、常に変わっていくものである。

自分の視点だけしか持っていない人は、その変化についていくことができない。

相手や環境の変化に対する視点を持たない人は、たとえ、一時的に結果を残せても、

長期的に結果を残すことはできない。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

これは仕事でよくあることではないでしょうか。

「売上が上がらなくなった」という場合の多くは視野が狭くなっているのが原因だったりします。

特に忙しい日々を過ごしていると、周りの変化についていけなくなっていることってありますよね。

飲食店などで蔓延している人員不足なんかもその一例かもしれません。

気付けば、人が足りない時代に変わっていた・・・

時代の変化に気づかず、時給をずっと抑え続けていたりしていませんか?

今頃になって、時給を一気に上げているお店などって多いですよね。

こういった変化も常に意識していないと気付かないことでもあります。

店長なら覚えておきたい世代別価値観の違い

感情に左右されてはいけない

売上が良かった日は喜び、悪いは気落ちしたり・・・

店舗に関わっているとこんなことってありますよね。

その時々の状況に流されて、部下と一喜一憂していれば、

次の展開に対する備えは疎かになるだろう。

感情に左右されれば、間違った判断をしやすい。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

こんな言葉がありました。

もちろん、部下と一喜一憂するのも良いでしょう。

しかし、すぐに気持ちを切り替えることが必要とも言えます。

特に店舗運営に終わりはありません。

今日が終わってもまた明日、そして来週とどんどん日々は過ぎていきます。

一時の感情で大事なことを左右してしまわないようにしたいですね。

たとえ、部下から最悪な報告があったとしても、

落ち着いて、対処できる人間でありたいところですね。

社員がモノに八つ当たりすると生じる5つの影響

改善に必要な考え方

変化に対して弱い人って必ずいますよね。

特に飲食店などで言えばベテランパートです。

ベテランパートが間違った方向に進んでいる店舗は人が集まらなかったり、

売上が上がらなかったり・・・厳しいことが多々あります。

著書にこんな言葉があります。

リーダーにとって、「固定観念は悪、先入観は罪」である。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

何か新しいことに取り組もうとしても、反発って絶対に出たりしますよね。

その反発の多くが固定観念や先入観によるものが大きかったりします。

私も店長時代によく店舗で新しいことを始めようとすると、必ず文句ばかり出たりしていました。

「そんなのダメに決まっている」「うまくいくはずがない」などなど。

こう思ってしまうと何事もうまくいきません。

店長にとってはこういった考え方は害悪のようなものということですね。

すぐに発言してしまうような方は逆に注意しましょう。

店長に疲れた・・・なんて思った時の5つのアドバイス

結果に対しての考え方

「結果だけを見て部下を叱ってはいけない」

~中略

結果とは「表面的な積極性、消極性のようなものではなく、

「部下がどのような思考をしていたか」に着目するべきなのだ。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

結果オーライの考え方ではいけません。

結果をしっかり出すことは素晴らしいことでもあります。

ただ、時には結果が偶然にも生まれることはあります、

あるいは結果がちょっとしたアヤで悪い方向にいくこともあります。

そんな時でも、結果だけに着目するわけではなく、どうしてそうなったかなど思考をよく考える必要があるでしょう。

飲食店の営業で言えば、何も準備せずに売上、予算をうまく管理した場合と、

しっかり準備したにも関わらず、営業を失敗してしまった場合・・・・。

結果だけ見れば、結果を出した方が良い評価を与えるられますよね。

しっかり努力した者が評価されないなんてこともよく社会ではあることです。

そんな時にどう叱るかは重要ですよね。

今やっていることの本質を考える

自分は今、なんでこれをやっているのだろう・・・

そんなことを考えたりしませんか?

仕事とは何か?なぜこの仕事をしているのか?

どんな人生を送りたいのか?

こういった本質を考えることで、問題意識を持つ習慣が育っていく。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

私も転職する時にこんなことを考えていました。

今の店長という立場でいいのか?!

今の職場でこの先、どうしていくのか・・・

ただ、時間とともに人生を平坦に過ごしている人って多いと思います。

それが当たり前だったり、特に何も考えていない人が多いかもしれません。

こうしたことを考える力が日頃からの問題意識を持つ習慣に繋がるということですね。

考察力の高い人っていうのは常に日頃からそのあたりを意識しているということでしょう。

ベテランこそ口うるさく言おう

店長がお店を改善しようとして一番大事なことは何でしょうか?

よく、一生懸命に新人教育をしっかりしてお店をよくしようとする人がいます。

しかし、新人にだけ口うるさく言ったところでしょうがありません。

一番重要なのはベテランを変えることでもあります。

監督やコーチだけですべての選手への目配りができるわけではない。

チームの鑑がいれば、指導者がすべての面に口出しをしなくても、

選手間の緊張は保たれる。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

著書に上記の言葉があります。

これはまさに店長と同じですね。

店長ひとりではすべてを見ることは不可能です。

そうした場合に一番しなきゃいけないことは店長と同じような目線の人を作ることです。

店長がいない時でも店長の考えが末端まで届く必要があります。

つまり、新人バイトらにどうこう言う前に、まずはベテランバイトから躾していく必要があります。

実際に私も店長時代に、リーダーを決める場面というのがあったりします。

その場合に自分が手塩に育てた仕事ができる人間をリーダーにするとうまくいくことが多いです。

それは既に信頼関係が出来上がっているので、指導しやすくなるからです。

店長がいない時でも店長の考えがしっかり伝わるというのは理想的な状況でもありますよね。

店長て大変?!店長は自分の分身を育てよう

理想があるからぼやく

野村監督と言えばぼやきですよね。

ぼやきっていうのは不満ではありません。

こんなことを言っています。

グチは、「不満」を表現するものである

ぼやきは、「理想と現実の差」を表現するものである

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

日頃、仕事していて、あなたが口にするのはグチなのか、ぼやきなのか?

これは重要なことでもあります。

グチはただの不満でしかありません。

グチはネガティブかもしれませんが、ぼやきは理想と現実の差であるので、

理想がなければ、ぼやきは出てきません。

高い理想がある故に、こうしたぼやきが生まれるとのことです。

最近はこのぼやきですらネガティブなグチと同等にみられることが多くなっています。

このあたりの違いはしっかりと認識したいものですね。

店長が嫌い!嫌われる店長にありがちな8個の特徴

大きな成功を得るための一番の近道

人生とはそんなに単純なものではない。

人間性を磨くことが、大きな成果、大きな充実を得るための一番の近道なのだ。

引用:野村克也「凡人を達人に変える77の心得」

よくあるネットの広告などに「すぐに儲かる」「すぐに成功する」など甘いことが多く書いています。

しかし、実践しても儲からない、成功しないなんてことはないでしょうか?

誰かのやり方を真似たりしただけではうまくいかないものです。

それはその人と人間性が全く違うからです。

よく読書をたくさんすればいいと言うのは人間性を磨く一番簡単な方法だからでしょう。

多くの自己啓発を促す本というのはだいたい書いてあることは同じだったりします。

人間性を磨くためのヒントがたくさん書いてあったりします。

私もまだまだ未熟です。だからこそこうして本を読むことにしています。

そして、このようにアウトプットして本の内容を自分にもう一度戒めていたりするのです。

まとめ

私は野球が好きだったりします。

だからこそ、この本を手に取りました。

野村克也氏と言えば、私が幼い時から監督を務めていて、

ぼやきなどでお茶の間を沸かせていましたね。

現役時代をあまり知らないので、面白いおじさん、そして今であればおじいちゃんといったところに

感じてしまうところでしょう。

しかし、この著書を読んだら、野村氏は考えがしっかりしていて、

すごい人物なんだなと改めて感じる次第であります。

野球ファンはもちろんのこと、多くの社会人の方にも一度読んでみて欲しい本だなと感じました。

amazon kindle unlimitedであれば読み放題で配信されているので安価で読むことが可能なので、

是非おすすめしたい一冊ですね。

飲食店の店長が辞めたいと思う5つの理由と対処方法 店長が知らなきゃいけない一番大事な言葉とは? 飲食店店長の転職体験談!どうすれば辞められる?転職の仕方と方法教えます


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です