コロナ転職とは?みんなが動き出す前にコロナ転職すべき理由

コロナ転職をご存知でしょうか?

2020年流行している新型コロナウイルスを機に転職をするということです。

新型コロナウイルスの影響により企業の業績が落ちて不安を多く持っている方も多いのではないでしょうか。

私が以前勤めていた飲食店の業界では営業時間が短くなるなどその影響は仕事の減少、

そして収入の減少へと繋がっています。

国内のGDPも下がっていて、東京オリンピックは開催すら怪しい雰囲気を醸し出しています。

経済の悪化から、不景気の時代へと進み始めているというのはそのうち実感されるのではないでしょうか。

不景気になってから、転職をしようとするとかなり厳しくなります。

今回のコロナショックから立ち直れない企業は倒産をし、失業者が増えてきます。

失業者が増えると採用枠も徐々に埋まってきてしまいます。

つまり、不況が来る前に転職をしていく必要もあるということになります。

幸いなことに現在は大手転職サイトのアンケートによると、

85%以上の会社が採用活動を続けているといいます。(参考リンク

今がチャンスとも言えるでしょう。

新型コロナから感じる危ない業種

2020年の新型コロナウイルスによる影響で経営が厳しくなっている業種がたくさんあります。

その中でも特に深刻なのが飲食店と娯楽施設ではないでしょうか。

飲食店に関しては外食は贅沢という概念があります。

不景気になると外食回数は減り、自宅での内食、中食となります。

特に緊急事態宣言が出てくると、その中でも居酒屋などの飲食店は営業すらできなくなってしまいます。

飲食店の中でもテイクアウトを多く取り込めるスタイル(例えばマクドナルド、牛丼チェーンなど)は生き残れますが、

そうでないところは厳しくなってくるでしょう。

また、娯楽施設は営業すらできなくなります。

東日本大震災の時もそうでしたが、娯楽というのは平和で安全な暮らしがあってこその楽しみです。

自粛ムードになってしまえば、いち早く淘汰されてしまう業態でもあります。

その他では営業主体の働き方などは厳しくなってしまいます。

IT関連だとテレワークで仕事できないような会社は厳しいのでチェックが必要でしょう。
IT系の求人ならリクナビNEXT

不景気や不況に強い業種

転職先の候補にしたいのが今回の新型コロナウイルスの影響により、

業績にそこまで大きく受けないところでしょう。

むしろ不景気や不況に強い業種となります。

わかりやすいところでは小売と物流、医療系です。

国民が生きていく上で一番必要なものは「食」です。

スーパーマーケットのような食品を取り扱う会社は営業せざるを得ませんし

需要がそこまで減らないのがわかります。

また、そのスーパーマーケットへ食品を運ぶ必要がありますので、物流は強いわけです。

食品の加工などの仕事もなくなることはないと言えるでしょう。

近年ではネットショッピングで生活必需品を揃えてしまう家庭も増えています。

その場合でも物流は絶対に必要となります。

この一連の流れを考えると転職先が見えてくるかもしれませんね。

今回の騒動で保育、教育業界も盛況だったりします。

学校が休校になるので、保育施設を利用したり、勉強できないので塾などの教育施設の利用も増えたりしています。

下記サイトで探してみてはいかがでしょうか。



ウイルスはどんどん進化していく

人間の作る科学や医療が進化していくと同時にウイルスも進化していきます。

新型コロナウイルスが終息したとしても、数年後にはまた危険なウイルスが登場する可能性はかなり高いでしょう。

ウイルスだって生きたいわけですから、生きるために進化をします。

人間の免疫力がそれに勝るかどうかです。

例えばゴキブリなどの害虫もだんだん強くなったりしますよね。

近年報告されていたヒアリなど新たな怖い害虫も出てくる恐れはあります。

コンピュータウイルスなんてのもどんなに科学が進歩してもセキュリティを破ろうとするものはいるものですよね。

つまり、新型コロナウイルスが終息したと安心していてもしょうがないということになります。

再び、同じことあるいは似たようなことが起きた時に今の会社で大丈夫なのかを考える必要があります。

もちろん、今の仕事にやりがいがあり大好きなのであれば良いでしょうが、

そうでなければ、あらゆる状況を考えて転職を考えてみてもいいかもしれませんね。


チャンスは今しかない?!

現在は就活生なんかも売り手市場で大変、内定が取りやすい環境でもあります。

しかし、景気は上がったり下がったりするものです。

リーマンショックから10年以上経った今はちょうど転換期とも言えそうです。

私くらいの世代の就職活動は就職氷河期でした。

内定をもらうのもやっとという感じで、現在とは比較にならないほど狭き門でした。

現在は採用活動している会社でも当時は採用活動していない会社もありました。

景気が悪くなると、会社も募集枠を狭めます。

そうなってくると中途採用はさらに厳しくなってしまいます。

現在の世界状況などを考えても、今後景気が上昇していくということは非常に考えにくいことでしょう。

だからこそ、自身の仕事も今のうちに考える必要があるかもしれませんね。

コロナ転職が多く出る一歩前の今がチャンスかもしれません。


私の転職体験談などは下記の記事を参考にするとよいです。

35歳で今から飲食店店長が転職ってできるの? 自分には何も武器がない・・・。飲食店社員が転職で武器にできること教えます 元飲食店店長の転職体験談~流れとアドバイス

元店長の業界ラジオ

この内容を動画で閲覧したい場合におすすめ

もとてんチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です