カネカの強制転勤炎上で学ぶ一番大事なこと

日本有数の化学メーカー、カネカの元社員の妻が先日、

ツイッターで夫の育休復帰直後の転勤命令ののちに退職したのを告発し炎上して

話題になっていますね。

詳しくはこちら

カネカがその後に発表した公式見解もどうかと思うところです。

強制転勤は人権侵害

強制転勤は人権侵害にもあたると考えます。

それは人には自由にどこに住んでも良いという権利があること。

そして、元社員は育休を取得しているという状況から、

子供もまだ小さく、家族を持っているという状況です。

そんな家族の父親をいきなり転勤にするというのは非情にもほどがあるでしょう。

私はかつて、飲食店で働いていて、何度も異動を経験しました。

しかし、異動に関しては入社時に首都圏限定と伝えていて、

その希望を会社はしっかり考慮してくれました。

だから私は全国転勤することはありませんでした。

それでも強制的に異動はするものです。

独身のうちはどこに行ってもかまわないですが、

結婚してからはあまり異動はしたくないものでした。

両親が亡くなった時は職場が近かったのが救いでもありました。

会社は家族事情も考慮するくらい配慮ある人事はする必要があるでしょう。

私が勤めていた会社も東証一部上場企業でそのあたりはしっかりと配慮してくれていました。

飲食店よりも非情でもあるカネカという会社は怖いものですね。

内定を辞退する者もいたようです。

将来、結婚することを考えると入社したくないところでもありますね。

35歳で今から飲食店店長が転職ってできるの? 飲食店の年間休日まとめ~2019年最新募集要項ランキング

転勤するくらいなら退職しよう

元社員が強制転勤を受けて、退職したのは正解とも言えるでしょう。

私も同じようなことがあれば、退職します。

現代は終身雇用も破綻しています。

働く場所がいきなり変わるのであれば、その会社に勤めている必要も意味もないかもしれません。

もちろん、部長などのレベルであればまだわかりますが、

平社員などであれば、そこまでする必要はないでしょう。

さっさと仕事を辞めても、新しく仕事が見つかりやすい時代でもあります。

こういった際には転職を考えた方が良いでしょう。

異動のリスクが少ない飲食店てあるの? 元飲食店店長の転職体験談~流れとアドバイス

誰のために働いているのか考える

みなさんは誰のために働いているのでしょうか?

会社のために働いてお金をとにかく稼ぐという時代は終わりました。

多くの方は自分のために働いているのではないでしょうか。

自分のために働くことが家族のためにもなります。

家族を大事にして、子供を大事にして働くことが大切だと私は考えています。

家族あっての仕事です。

仕事のために家族を犠牲にするというのは今の時代では間違っているとも言えます。

自分や家族を大切するようにしましょう。

誰のために働くというあたりは下記の記事でも詳しく書いています。

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第8話から学ぶべきこと

家族の人生を変える必要はない

転勤というのは家族の人生を変えることになります。

大好きな友達が引っ越すことになったという経験を持っている人は多いのではないでしょうか。

また、引っ越しばかりの少年時代で友達が少なかった、いじめに繋がったなど。

引っ越しの多くは父親の仕事の事情がほとんどだったでしょう。

そういった事情が子供の人生をも変えてしまっているのが現実でもあります。

もちろん、人生は変わったとしても、それが良かったと思うものでもあります。

しかし、家族の人生を大きく変えるような転勤というのは悪でしかないでしょう。

まとめ

転勤してまで働く意味ってあるのでしょうか?!

カネカの元社員が退職したのは当然のことですし、育休を取って育児をするというのも素晴らしいことと言えます。

その一方で、育休まで取って育児が大変な社員に転勤を強制するというのはブラック企業とも言えるでしょう。

転勤がどの程度で起きるのかなども会社を決める際には必ず知っておきたいことでもあります。

転職を考えてる方は下記のキャリコネのような口コミサイトで転職前の情報をしっかり取得する必要があります。


転職先がブラック企業かどうか見極める方法 飲食店の募集要項の嘘と本音を経験からリアルな実態を大公開

元店長の業界ラジオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です