35歳で今から飲食店店長が転職ってできるの?

35歳ってちょうど中間地点ですよね。

このままでいいのかな・・・。

40歳までもう少し・・・。

時なんてあっという間に過ぎてしまいますよね。

私もあなたと同じように35歳を迎えてから仕事についていろいろ考えたりしました。

そして、転職をしたのは36歳になってからでした。

35歳という年齢でもし転職活動をし始めるのであれば、それはすばらしい決断でしょう。

36歳の私でも飲食店店長を辞めて、普通に転職することができました。

35歳であれば、なおさら転職には有利です。

その理由などを伝えたいと思います。

35歳までという年齢制限の壁



転職活動をし始めると、必ず目につくものがあります。

それは「年齢制限~35歳まで」という文字です。

これは私はかなり目に留まりました。

36歳であったため、このような文字の入ってる会社の多くをスルーすることになりました。

あなたがもしこの35歳以内であれば、それはかなり有利だということです。

この年齢制限を見ると凹むことがあります。

しかし、安心してください。

40歳くらいまで募集しているところも意外と多くあります。

特に近年は増えてきましたね。

これは40歳前後のほうが就職氷河期だったりしていたので、

数年若い世代よりも優れていると考える企業も多いからでしょう。

つまり、今は年齢はさほど気にしなくて良い時代となっているのです。

特に40代くらいからは携帯電話が普及した世代でもあるので、

昔の40代とははるかに価値観が違ったりします。

自信を持って良いということですね。

年齢制限を無視してもいい



もっと、ぶっちゃけた話をしよう。

年齢制限というのは無視してもいいでしょう。

「~歳くらいまで」など書いている場合が多いが、

あくまでこれは目安だと思ってよいのです。

それは年齢制限に関しては法律でも定められているからです。

35歳くらいまで、などど書いているものに36歳が応募してもいいのです。

どうしてもやりたい仕事や条件などがあれば挑戦してみても良いでしょう。

応募することで断られる可能性は少ないでしょう。(詳細

飲食店店長はスキルが高い



飲食店店長って意外とスキルが高いのです。

下記の記事でも書いています。

自分には何も武器がない・・・。飲食店社員が転職で武器にできること教えます 転職したいけど自信がない・・・どうしたらいいかな

飲食店での経験は大きな武器になります。

上記の記事でも書いているのですが、

多くのスタッフと接することで得られるコミュニケーション能力や

スタッフのシフト作成などの管理業務、売り上げなどの数字管理などなど・・・。

一般の会社でただ黙々とデスクで仕事をしているより、

はるかに多くのことを学ぶことができたりします。

リアル社会で一番必要だろう要素が詰め込まれているのではないでしょうか。

特に飲食店は幅広い世代と向き合う必要があり、

その経験は短期間で補えるものでもありません。

作業や技術などはがんばれば何とでもなることもあります。

しかし、そういった経験は短期間で身に付くものでもありません。

そのあたりをしっかりと武器にすることが大事でしょう。

元飲食店店長の転職体験談~流れとアドバイス 忙しくて転職活動の時間ない人におすすめの方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です