店長を辞めたいけど辞められない?!辞める方法とは

飲食店店長を10年やっていた私ですが、店長を辞めたいと思ったので辞めることにしました。

なぜ辞めることができたのか、どうすれば辞めることができるのか。

辞める方法は簡単です。退職届を出せばいいのです。

あくまで店長といえど、飲食チェーン店であれば会社の人間です。

通常の会社を辞める手続きを踏めば辞めることはできます。

店長を辞めたいけどなぜ辞められない?

店長を辞めたいと思っていてもなかなか辞められませんよね?

人がいない、自分が抜けたら困るという理由がほとんどではないでしょうか。

しかし、あなたは会社の人間です。

チェーン店は雇われ店長とも言われています。

あなたがいなくなれば、代わりに誰かがそこのポストに入るのです。

辞められない理由は決断が鈍っている、迷っているのではないでしょうか。

私も店長を10年間やっていましたが、何度も辞めたいと思ったことがありました。

そのたびに、「もう少しがんばってみようかな」という気持ちだったり、

一過性のものだったりしたこともありました。

どんな仕事でも辞めたいと思うことはいくらでもあるでしょう。

本当にあなたが辞めたいのであれば、すぐに決断すべきです。

次々と同期の店長や社員が先に辞めていってしまい置いていかれることになるでしょう。

どうしても辞められないのであれば、最近は退職代行サービスなんてものも存在しているので使ってみると良いだろう。

必ず辞める際は余裕を持って伝えること

店長を辞めるのであれば、それなりの立場ではあるので、すぐにというわけにはいかないでしょう。

少なくても1か月以上は余裕を持つようにしよう。

半年後に辞めるくらいの気持ちでないといけません。

仕事に対して、そのくらいの責任感を持てないのであれば、

退職したとしても転職先で苦労するでしょう。

現在の会社と喧嘩別れのようなことになっても、転職先に情報がいく場合もあります。

私の詳しい退職体験は下記の記事で書いていますのでご覧ください。

飲食店店長の転職体験談!どうすれば辞められる?転職の仕方と方法教えます

なぜ辞めたいのか?理由を考えよう

しかし、退職にあたって注意したいのは理由だ。

過酷な労働が辛いのか?上司や人間関係が辛いのか?

多くはこの2パターンかもしれない。

辞める理由は転職の際にも聞かれることがあります。

必ず、自分の中で整理して本当に辞めて良いのかを考えましょう。

ちなみに私が辞めた理由に関してはこちらで書いています。

転職先がまたブラック企業となるかもしれません。

転職先にもまた嫌な上司もいるかもしれません。

辞めたい理由によっては辞める必要がない場合も出てきます。

ここを整理しないと辞めたあとも苦しむことになるかもしれません。

例えば、仕事が休めないなどの理由であれば、あなた自身に問題があるかもしれません。

下記の記事で詳しく書いていますので参考にしてくださいね。

仕事を休めないことは仕事が出来ないということ

仕事を辞める際に注意したいこと

辞めるのは意外と簡単です。

しかし、注意したいことがいくつかあります。

一番、大事なことは転職先を決めていくことです。

必ず、在籍中に転職先を決めてから辞めるようにしましょう。

退職してから転職先を探すことは絶対にしてはいけません。

転職では空白時間ができてしまうとマイナスになります。

また、退職してしまうと金銭的も余裕がなくなり、終いには精神的にも余裕がなくなります。

忙しくて転職先を探せないのであれば下記の記事を参考にしましょう。

忙しくて転職活動の時間ない人におすすめの方法

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

また、上記サイトで自分の市場価値を一度診断してみましょう。

今の店長での年収と比較してみると転職先を選ぶ際の目安になります。

もう一つ、気を付けたいことは必ず有給休暇など取得できるものは必ず取得することだ。

転職する場合は一時的にでも給料が発生しない時期が生じます。

金銭的にもできることはするようにしましょう。

まとめ

飲食店の店長であろうと辞めたいのであれば辞めることは可能です。

辞められないというのはあなた自身の問題であって、

今のご時世、辞めさせてくれないなんてことはありません。

3年以上前の私ですら辞めることができました。

辞める勇気は必要です。

そして転職活動をしっかりすることです。

また、上司の話を鵜呑みにしないことですね。

多くの上司は「どこ行っても同じだ」「ここで辞めるようなやつは他では勤まらない」など言い引き止めるだろう。

これはもう常習の手口でもあるのだ。

店長としてそれなりに仕事をこなしているのであれば、他の転職先でも力を発揮できるはずだろう。

もう一度よく考えて決断しよう。

下記の記事も是非参考にしてくださいね。

飲食店を辞めたい社員や店長はすぐに辞めた方がいい3つの理由 自分には何も武器がない・・・。飲食店社員が転職で武器にできること教えます

おすすめ転職サイト

転職を考えているのであれば、とりあえず転職サイトには登録しておきたい。

いくつかのお勧めの転職サイトを紹介します。



▲就職と言えば一番メジャーなのがリクナビでしょう。
新卒の際にはお世話になった方は多いでしょう。
転職の場合はリクナビNEXTというものになります。
企業数や名実ともにナンバーワン。登録必須ですね。



キャリコネ年収・企業口コミサイトとして、多くのビジネスパーソンから支持を得ているサイトです。
今は転職しない人でも登録している人が多い。
今の企業の現状を口コミとしてサイトに登録するという使い方もできる。




20代・第二新卒・既卒の転職なら
マイナビジョブ20’sがおすすめだ。20代、第二新卒、既卒に特化していて登録数の85%を占めている。
転職アドバイザーやエージェントとマンツーマンでサポートもできマッチングする会社を選ぶには最適だろう。




インテリジェンスの新しい人材サービスブランドです。
市場価値診断を行い、今のあなたのスキルにあったオファーを面接確約という形で出してくれる。
探す手間も通常の転職サイトよりも省くことができるので便利だ。

また、近年は業界に特化した転職サイトが注目されている。

同じ業界だけで探せる分、やりたいことがはっきりしている人にはお勧めだ。



ドライバー業界に興味があるのなら、ここで探すと良いだろう。
飲食店で夜遅い生活が苦の場合はドライバー業界は逆で朝早く夕方には帰ることが出来るところが多い。
子育てしたい、普通の生活リズムにしたいという人にはお勧めかもしれない。




同じ飲食店で探してみるのも面白いかもしれない。
同じような仕事や労働時間で今よりも給料が高い会社があるかもしれませんね。
 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です