平日休みと土日休みどちらがいい?意外な最強の休み方教えます

平日休みと土日休みどちらがいい?意外な最強の休み方教えます

平日休みと土日休みってどっちがいいですか?

どちらがおすすめですか?

そんなことを思ったり考えていたりしませんか?

あるいは土日休みがいいって方も多いと思います。

働き方改革が騒がれている昨今。休み方は重要ですよね。

平日休みも土日休みも経験した元飲食店店長の私が考える最強の休み方はやっぱりシフト制です。

土日休みのデメリットに関しては下記の記事を参考にすると良いでしょう。

土日休みがいい?土日休みの3つのデメリット

また、平日休みのメリットについても書いています。

土日休みが羨ましい?平日休みの4つのメリット

シフト制こそが最強

シフト制が最強の休み方だと私は考えます。

賛否両論あるかもしれませんが、理由などを説明しくいくので興味ある方は最後までお付き合いください。

シフト制にもいろいろあるんですよね。

良いシフト制とダメなシフト制です。

シフト制にもいろいろある

一言にシフト制といってもいろいろなシフト制があります。

まず、シフト制で問題となるのは曜日と時間です。

時間はなるべく固定の方が良いです。

時間までもシフト制というのはけっこう生活が乱れます。

12時出勤だったり、8時出勤だったりとなると、

毎日の食生活も変わるし、日ごとに疲れも変わってきます。

あまり良いことはありません。

ここでいうシフト制は時間はなるべく同じの方が良いというものとなります。

また、シフト制でも間隔がめちゃくちゃな場合もあります。

よくあるのが、月末が忙しいので、休みが月の前半に集中していたりするもの。

友人がこれで働いていたりしますが、これだけと平気で7連勤とかあったりと疲れちゃいます。

バランスが悪く、疲れも取れにくいですよね。

もうひとつ、よくあるのが曜日が限られたシフト制。

例えば、私が勤めていた飲食店のシフト制ですと、

土日は出勤で、平日のいずれかが休みになるという感じ。

こういった制限のあるシフト制はだめです。

土日休めないシフト制はだめ

シフト制の中では土日を除いたシフト制というのが存在します。

これは土日繁盛の客商売に多く存在します。

これだと結局、月曜から金曜の間でのシフト制なので、

たいして休みのバラエティが変わりません。

さらに金曜日は週末なので・・・とかとなるともう最悪ですよね。

結局、月曜から木曜までの中でのシフト制になります。

一番良いシフト制

それでは一番良いシフト制とは何なのか。

それは一定間隔で好きな曜日を休みにすることができるシフト制です。

実際に今私はこの形で働いています。

土曜日休みだったり日曜日休みだったり、火曜日休みだったり、

どの曜日休みもあり得るのです。

しかも3日に1回くらいの間隔で休んでいたりします。

出勤時間も毎回同じです。

土日休みだと5連勤が確定されますよね。

5連勤っていくら週末休みとはいえ疲れます。

3連勤くらいで休みが来る働き方が疲れが溜まらず良いでしょう。

1年間が365日あり、年間休日が120日程度あれば3日に1回は休みということです。

年間休日に関しては下記で詳しく書いています。

年間休日120日の会社に転職してわかった3つのこと

シフト制で年間休日の多い会社を探しているのであれば下記を参考にしましょう。

【2019年最新版】飲食店の年間休日ランキング

シフト制のメリット

なぜシフト制が良いのかを簡単にまとめると、

平日休みと土日休みのメリットをどちらも拾えるからです。

平日休みばかりだと土日休みの友達とまったく遊べませんよね。

面白そうなイベントにも全く参加できませんよね。

土日休みばかりだと毎回家族とお出かけで疲れちゃいますよね。

出費も多くなりがちです。

自分の時間を全く持てませんよね。

どこ行っても混んでますよね。

こういったシフト制の場合、好きなところで休みを申請することも可能となります。

休みたい曜日で休めるというのは良いものです。

まとめ

仕事を探す際に必ずチェックしたいのが休日についてですよね。

土日休み限定で仕事を選んでる方って多いかもしれませんよね。

しかし、土日休みだと月曜日は憂鬱ですし、メリットばかりではありません。

実際に休んでみると、なんだこんなものか・・・とか思ったりします。

週休2日であれば、水曜日と日曜日くらいの間隔で休めた方が体力的にも楽だったりします。

そこにリフレッシュのための長期休暇なども取れれば一番良いかもしれませんね。

土日休みたいという変な拘りや固定概念は一度覆して仕事を探してみるのも面白いかもしれませんね。

シフト制であれば飲食店やサービス業が一番多いでしょう。

ただし、土日が忙しいお店は要注意です。

都心部であれば、サラリーマン需要があるので、実は何曜日でも休めたりするんですよね。

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】

今、現在働いている方であれば休み方を変えてみるのも良いかもしれませんね。

仕事を休めないことは仕事が出来ないということ

シフト制への転職など休みに不満がある方は関連記事を参考にすると良いでしょう。

転職したいけど自信がない・・・どうしたらいいかな 自分には何も武器がない・・・。飲食店社員が転職で武器にできること教えます

飲食店で休み方を替えたいのであれば下記を利用すると良いでしょう。。

飲食無料転職サポート【H Agent】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です